本サイトについて

薬というのは大きく分けると、一般的な「市販薬」から、医者の診察を受けて処方してもらう「処方箋医薬品」というものがあります。
市販薬というのは安全性を重視して効き目が穏やかなものですが、処方箋医薬品は医師の診察のもと、病気と患者にあわせたもので効き目の強い薬といえます。
このサイトではこの2種類のお薬を服用した方の体験レポートを掲載し、お薬の正しい服用方法についての紹介を行っています。

薬の諸注意

ほとんどの場合その飲み方や遣い方は説明書があり、処方箋薬は薬剤師の説明があり、薬についての説明書もついてきます。
食前や食後や、使う回数などが記されています。
又、処方薬の場合には、飲み忘れに注意し使い切る事が大切で、特に抗生物質などは耐性菌が生まれる可能性があり、中途半端でやめてしまう事は先々の問題を作ることにもなってしまいます。

飲み方としては多くの薬は食前や食後などと、飲む状況が決まっているので、それに合わせて飲み忘れのないように、水で飲むのが最適でしょう。
しかし、状況によってはお茶やコーヒー、ジュースなどということもあります。
多くは問題がないといいますが、薬の成分が飲み物の成分と反応してしまうこともあり、お茶で飲むのは不可であるとか、ある降圧剤や抗生物質などはグレープフルーツジュースで飲むのは不可など、その他には牛乳や酒などで飲むには注意が必要な場合があります。特にレビトラ等の一部の処方薬を最近は海外から個人輸入で購入する方が増えてきておりますが、そのような購入方法ですと医師の指導を受けることなくお薬が手元に届いてしまうために、正しい服用方法や副作用について知ることがないということで危険性が問題視されています。

更に、心臓病の薬などは納豆との相性が悪いなど、薬によっては食べ物との間で問題がおこることもあり、飲み物だけではなく食べ物も注意をする場合があります。
又、薬を保存する場合、冷蔵庫で保存すると長持ちするという話がありますが、よほどの高温でなければ常温保存で構わないといいます。
ただ、湿度や光にも注意が必要であることがあり、一度開封したものなどは注意が必要な場合があります。

更に、使用期限は市販薬などでは日付が記されていますが、処方薬は書かれていないこともあります。
薬が変質した場合の影響や副作用もあり、残ったものを、保存しておくには注意が必要です。
薬の有効期限は国家検定で通常3年とされているものが多いといいますが、処方薬は完治した場合には、一般人が使うには危険でもあり処分したほうがよいでしょう。

又、薬のネット販売承認が問題になっていますが、処方薬でなければ問題はないのではないかと思います。
一般薬の場合なども、薬剤師はいるようですが、多くは棚に並べられて、自分で選んで飼う事もできます。
大手の通販会社が薬の販売を始めるという話もあり、時代の流れであると思います。

便利なお薬通販ページ

抜け毛が気になってきたらフィンペシアなどのAGAのお薬で対策しましょう。
フィンペシアの成分は、日本皮膚科学会も評価している信頼のできるフィナステリドです。
ご購入の方法はフィンペシア.jpn.comのページで詳しく説明されています。

おすすめサイト

  • バイアグラやレビトラに並び人気の勃起薬であるシアリスは、効果が作用する時間が約36時間と長時間であるため、人気を集めています。
  • エアコンを購入したら、設置工事はエアコン取り付け専門の業者を利用するのが、価格的にも技術的にも正解です。保証が充実している業者を選べば、安心にもつながります。
  • 全国の借金に関する悩みをお受け致します。もう一人で悩まないで下さい。経験豊富な実績多数のプロがサポートする債務整理 岡山をぜひ一度ご利用ください。
  • フィナロは有名な薄毛治療のお薬であるプロペシアのジェネリック薬です。価格が安いので、長期の治療が必要になるAGA対策にフィナロは適している薬です。
  • 引越し料金を安くする鉄則、それは「一つでも多くの引越し業者と比較する」という点です。無料での一括見積もりを行えば数十社の会社から比較して一番安いところを見つけ出すことができるのです。

注目のページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ