心身のゆとりのある生活

スケジュールにかなり余裕を持たせることで、頑張りすぎないようにしています。
少し前まではあれもこれもやりたい気持ちが強く、結局心身ともに疲れ切ってしまいました。

自分の好きなことでもやりすれば疲れてしまいます。
それからは何でもほどほどにしておくことが良いのだと感じています。

今は食事に例えると、腹八分目というよりも腹六分目といった感じで予定を組んでいます。
それでも休憩を取りながら行っていると、時間はピッタリで余ることはありません。

それでも足りない時間内にあれこれ詰め込んでいた頃に比べると、かなりゆとりのある時間の使い方ができるようになりました。

その分、一つ一つの作業に集中できるようになりました。
それぞれの作業のクオリティーを高めるためにも、今の方が良いような気がしています。

自分ではゆとりがありすぎるかな、というくらいの予定にしておいたほうが結局は上手くいくようです。
というのも、予定では見えない作業や休憩の時間を取る必要が出てくるからだと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ