業者用オークションに売られたりする

誰もが一度は車査定を受けたことがあるはず。

査定氏が現車確認してする査定は一般に5~15分ほどの所要時間で車状態を見てその後事務所に入ってしばらくして査定額を提示。
買取業者により査定法や金額が決まる流れは変わりますが、ディーラーなど比較的大きいな業者の査定の流れを紹介。

カーチェックシートは業者ごと用意されてる査定する車を中古車で評価するフォーマット用記録用紙。
車検証コピーをとって各記載情報を埋めて続いて車外装の状態をフォーマット内にある図を利用して記載。タイヤ溝チェックやカーナビチェックなどフォーマットに従いチェック。

必要情報記載が完了したら月ごと発行される中古車の相場が記載された本から車種の形式から基準価格を調べます。

そして傷による原点や車検残等加点などの点数計算をしてカーチェックシートのフォーマットに従った初期査定額を出します。昨今者業者も消費者もネットで情報を集める時代になって、カーチェックシート、相場本の基準価格に従った査定額で最終提示することが少ないです。
実際大手も相場本を使わず、チェックシートの査定額を空欄にし創ることも多くあります。

カーチェックシートは業者が査定した車内容を管理したり誤った査定してる従業員がいないかチェックするため作るのが目的とされています。
査定額に同意して引き取ってもらった車は店頭で売られる以外に業者オークションに出品されたりします。覚えておきましょう。

近年はネットでの一括査定サービスなど、全国各地で愛車を売却する上で便利なサービスが出てきています。
まだこのサービスを利用された事が無い方はサービスの利用方法について紹介しているサイトをチェックしてみると良いと思います。
一括査定サービスにも、上手に売却するためのテクニックというものがありますので、把握しておくことによって、より高額査定を目指すことが可能となります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ