脱毛前後に体温を上げるのはNG

脱毛をする時に気をつけないといけないのが体温です。
脱毛サロンやクリニックなどでフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は脱毛した部分の肌が熱を持ち、脱毛のトラブルとしてよく聞く赤みや炎症は、この熱が原因で起きてしまいます。
なので脱毛を受ける前と後には、体温が上がりすぎないよう注意が必要です。

脱毛前後で厳禁とされているのが、運動・飲酒・入浴・日焼けの4つです。
ムダ毛処理と同じく体重に悩む女性は多いですが、ダイエットのための運動で体温が上がり、脱毛部分が炎症になってあとが残っては台無しになります。
サロンでの脱毛当日はできるだけ安静にして、体を動かすのは翌日以降行いましょう。

飲酒と入浴は、体の血行が良くなり、そのせいで炎症を起こしやすくなります。
アルコールは摂取すると数日間体に残り血管を広げてしまうので、脱毛の3日前くらいからお酒は飲まないように注意しましょう。

入浴は正確に言うと湯船に入るのがダメで、ぬるい温度のシャワーで優しく洗うだけなら大丈夫です。
お風呂から出た後は、しっかりといつもより入念に保湿しましょう。

最後に日焼けですが、肌が日焼けしていると脱毛を拒否されることも有るので、脱毛前後だけでなく、脱毛サロンに通って脱毛してる間は常に日焼けしてはいけません。
脱毛後は肌の保護機能が低下しているので、特に日焼けをしやすい状態になっているので、脱毛直後は普段よりも注意が必要です。

その他、脱毛サロンに通う上で注しなければならない点については大宮の脱毛サロン情報のページにも書いてありますので、一度ご覧頂けたらと思います。

ムダ毛がなくなった肌は綺麗に見えますが、脱毛で炎症や火傷を負ってあとが残ってしまっては本末転倒です。
脱毛前後の注意点はしっかり守りましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ