私がよく食べすぎで胃がもたれる時に飲むお薬について

私は昔から食べることが大好きで、好き嫌いもなく何でも食べています。しかし30歳を過ぎたあたりから、食後に胃のもたれや不快感を覚えるようになりました。特に私は焼き肉が大好きで、週に1度は焼き肉を食べるのですが食後は必ず胃がもたれてしまいます。

ある日の日中、このような状態を何とかしたくて胃薬を買って飲もうと思ったのですが、もそれまで胃薬を飲んだ経験がなかった私にとっては、どんな胃薬を選べばいいのかよくわかりませんでした。そこで、最寄りの薬局で薬剤師の方に勧めてもらったのが太田胃散でした。

私の胃薬に対するイメージとして「苦くて飲みにくい粉薬」というものがあったのですが、太田胃散は口当たりもよくて飲みやすいですよと教えてもらいました。購入後、帰宅して早速飲んでみると太田胃散の顆粒がスーッと爽やかな口当たりで苦みもなく飲むことができました。服用後は3~40分ほど安静にしてたのですが、苦しかった胃のもたれや不快感もなくなり、妻の手料理も美味しく食べることができました。

その後、太田胃散は我が家の常備薬の仲間入りをしています。本当に飲みやすくてオススメです。これからもこの薬には末永くお世話になると思います。

※レポートはあくまで個人の感想なので、参考程度にご覧ください。薬効を実証するものではありません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ